地震が多い現代|地質調査をして対策を考えよう

男性

建物を建てる前に

工事現場

地盤調査のいろいろな方法

地盤調査はそこに建物を建てる時等は必ず行う必要があります。地盤調査をすることで地盤の性質や強度を知ることができます。地盤調査はいろいろな方法があります。スウェーデン式サウンディング調査・ボーリング調査・表面波探査法等があります。スウェーデン式サウンディング調査は先端に荷重を掛けて強さを測る方法です。25センチに下がるまでハンドルをどのくらい回転させたかによって決まります。これは木造住宅に使用する場合が多いです。ボーリング調査は先端にサンプラーというものを取り付けを行っていきます。そのサンプラーのロッドと呼ばれる上に重りをつけ、自然落下させて打撃するという方法です。これは基本的な方法となっています。表面波探査法は地表から地中に振動波を使い行う方法になります。こうすることにより硬さを調べることができるのです。

注意しなければいけない点とは

地盤調査はその場所一か所ではなく数か所のポイントを行います。住宅をそこに建てるという場合には約5か所を行っていくのです。何故一か所だけではなく数か所を調査するのかというと地盤の固さがそのところどころで変化する場合もあるためです。その一か所がたまたま硬いところで他は柔らかいという場合は事故につながってしまう恐れもあります。そういったことを防ぐために何か所か調査をするのです。またその地番調査の結果は報告書で確認する必要があります。粘土の場合は注意しなければいけません。砂質土は固い地盤となっています。地盤調査のポイントとして近くに河川等がないか、そこに以前田んぼや畑がなかったか、盛土がないか等を確認しましょう。