地震が多い現代|地質調査をして対策を考えよう

男性

地盤の強度は重要

道具

施設を建てるには地盤調査が必須

施設を建設する場合に注意しなければならない点として、地盤の強度があります。大きな施設やマンションだけでなく、一般の住宅であっても、建物は相当の重量がありますので、地盤が強固でなければ建物に影響を及ぼす恐れがあります。地盤がどのような状況であるかは地盤調査で調べることができます。施工ミスで建物が傾いているなど手抜き工事が良く言われますが、地盤調査をきちんと行って、適切な地盤改良を行っていないと、手抜き工事ではない建物であっても地盤沈下等によって傾いたりする場合があります。もともと山などの地盤の固い部分に建てるのであればいいのですが、街中に施設を建設するためには、地盤のいいところは残っていない場合が多いのです。

地盤の過去を知るための調査

見た目で軟弱地盤であることが分かるようなところであれば、きちんと地盤調査を行って、地盤改良をしなければならないということが分かりやすいのですが、そのような土地ばかりではありません。見た感じは、しっかりした土地で、周囲の建物も地盤沈下等を起こしているように思えなくても、意外と昔は谷で廃棄物で埋められた土地だったというようなこともあります。実際、周囲の人たちも入れ替わっていますから、その土地がかつて何だったかを正確に知っている人は意外と少ないものです。だからこそ、確認のために地盤調査は必須なのです。地盤調査を行えば、軟弱地盤であるかどうかだけでなく、場合によってはサンプリング調査を実施することもできます。